gear review

HK416 RAHGにライトを直付けしてみよう(1)

RAHGにライトを直接マウントする簡単なDIY

○RAHGとは

「レミントン・アクセサリー・ハンド・ガード」の略で、かの有名なネプチューンスピアー作戦で使用されたHK416についていたのでは、ともいわれるHK416の純正クワッドレイル(4面にレイルが付いているハンドガード)と交換して使うハンドガードです。
今回紹介するのは、Dytac社が出しているRAHGレプリカハンドガード10.5インチタイプVFC用です。
※僕が買ったのは初期の物なので、セラコートはされていないバージョンの解説になります。また、各社に合わせた展開となっているので、購入の際はマルイ用、VFC用など間違えない様にしてくださいね。

純正ハンドガードに対し、RAHGは最近流行の、軽量で必要なところにだけレイルを付けるタイプです。
シェイプは8角形に近い感じで、見た目からは少し直径(?)が大きく感じますが、握った感じはスリムで純正に比べて非常に握りやすい感じです。

○Geisseleハンドガード

ついでに、同じくHK416用ハンドガードとして有名な、Geissels(ガイズリー)のハンドガード(こちらもDytac社製レプリカ)と比較もしてみましょう。
ガイズリータイプは純正のシェイプを保ったまま、4面のレイルを削ぎ落とした感じで、RAHGとは異なりますが、こちらも握りやすいですね。
重量は、ハンドガードのみで純正が341g、RAHGが324g、ガイズリーが293gでした。



○ライト取り付け

取り付け(VFC HK416を仕様)に関しては、RAHGはバレルナットを純正から、RAHG付属のバレルナットに交換する形でした。
ガイズリーの方はバレルナットが純正と共通なので、気分によって変えられてよかったのですが、今後はバレルナットを交換しないと戻せないのは残念ですね。
(※東京マルイの416は純正→ガイズリータイプでも交換必要かなと思います。)

ここまではそこまで難しくないと思いますが、RAHGを使いたい方は「アレ」を再現するため、という方がほとんどだと思います笑
シュアファイア社のM600Bスカウトライトがついているのですが、細部を見ると、どうもレイルに直接ついているような…ということで今回のDIYはそれをやっていきます。ライトはM600BとM600Cはヘッドの形が微妙に異なり、写真から判断するとM600Bが正しいかなと思います。

レイルに傷がつく可能性もありますので、あまり居ないかと思いますが、実物ハンドガード使用される方や、傷が嫌な方はお控えください。

RAHGのスロットの幅は94mm、ライトのマウント幅が93mmと、こうやって付けてくれといわんばかりのサイズ感でした。

○必要な物

用意したのは、下記の通り。
ホームセンターで全てそろえて500円もしないかと思います。
ちなみに、ホームセンターに行く際は、ライトを持っていって、M4ネジで大丈夫かを確かめさせてもらった方が確実ですね。
(※レプリカなので、ロットによって径が違う可能性もあるので、僕のと異なっている可能性もあります。また、実物ライトの方はネジがインチだと思うので、M4だと合わないと思います。)

  • M600Bタイプ フラッシュライト(M600Cでもネジ径は同じだと思います)
  • M4ネジ(12mm)×2
  • M4ワッシャー(外径12mm)×2
  • M4スプリングワッシャー×複数枚
  • M4ゴムワッシャー(外径12mm)×2
  • スプリングワッシャーはライトのネジ穴とレイル内面の間にある隙間を埋めるために入れましたが、無くても大丈夫かなと思います。

    ゴムワッシャーは、締め過ぎ防止とレイル内面保護のためです。ちなみに、RAHGは8角形といいましたが、内面は微妙にアールがついた感じなので、まっすぐなワッシャーのみだとそこにフィットしないので、そういう意味でもゴムワッシャーがいいかなと思い購入しました。

    今回ワッシャーは外径12mmのを使用しましたが、RAHGの隙間の幅が9.4mm程なので、本当は14mmくらいのがいいんでしょうが、なかったので12mmにしてます。逆に大きすぎると、上述のアールがついた内面の構造上、ワッシャーがしっかり固定されなくなってしまうので注意してください。

    長くなったのでその2に続きます!

    HK416 RAHGにライトを直付けしてみよう(2)引き続き、RAHGにライトを直接マウントする簡単なDIYです。 パート1はこちら https://aqua51.net/blog...

    ここまで読んでくださり、ありがとうございます。

    aqua5150


    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA