gear review

[Tru-Spec]Multicam Black Combat Shirt

以前の投稿でEmersonのマルチカムブラック装備をレビューしましたが、今回はTru-Specのマルチカムブラックコンバットシャツとパンツを見てきたいと思います。Emersonからもコンシャツ・コンパンともに出ていますが、僕がTru-Specを買った頃には出ていなかったですね。

○Tru-Specとは

Tru-Specは実物と同じスペックで製造された商品が、そのままリーズナブルな価格で買えるということで、高級実物品には手が出せなくても、実生地のタフに使える装備が欲しい方にはオススメのブランドです。SWATや救急隊にも採用されると聞いています。

○Tru-Spec コンバットシャツ

では、まずはシャツから実際に見ていきましょう。
いわゆる1/4ジップ(首から胸の辺りまでジッパーがある)タイプのコンバットシャツで、首から袖までがナイロン/コットンのリップストップ-マルチカムブラック生地で強度が高い一方、胴部分はプレキャリの下に来る事が多いので、コーデュラコットン/ナイロン生地で柔らかく通気性が良くなっている仕上げです。

ナイロン生地の部分は少し薄いかなぁという印象です。汗の乾きなどは普通の綿シャツよりは早いと思います。

ジッパーは特にYKKとかではないものの、プルタブで開け閉めしやすいです。

○襟


襟部分は外側がリップストップのマルチカムブラック生地、内側がナイロン生地なので、首に触れる部分がソフトな感じになっています。こういった細部に実際に使用されているという証が現れているといえるのではないでしょうか。



○袖

ベルクロは黒色です。通常のマルチカムですと、ベルクロ生地もあるのですが、マルチカムブラックのベルクロ生地はまだないのでしょうか。

ポケットはベルクロで閉じるタイプです。

袖口はベルクロで袖幅を調整できます。また左袖にはペンなどを入れるスロットが3つ付いています。

エルボーパッドも入れることができるようになっています。僕はエルボーパッドは使用しないので、入れたことはありません。

○サイズ感

僕が購入したのはSmall-Regularで、シャツ自体の作りはスモールで、袖の長さがレギュラーサイズということになります。
簡単に計測してみました。

部位 長さ(cm) ラインカラー
身丈 72
身幅 45 黄色
袖丈(襟元から) 76
袖口の幅 15

 
と言った感じです。
袖口がわりかし広めなので、腕まくりも可能です。

○まとめ

全体的に、突出して優れている部分があるわけではないですが、この価格で実物生地なので、コスパはいいと言えると思います。
Crye Precisionの実物はそもそも簡単に見つけられないですし、価格も相当しますからね〜。
レプリカで安く揃えたい方は、EmersonあたりのCrye Gen3タイプ(SEALsと思われる方の使用フォトあり)の上下セットがオススメです。

次の投稿では、コンバットパンツを見ていきましょう。

[Tru-Spec]Multicam Black Combat Pants前回に引き続き、Tru-Specのマルチカムブラックコンバットパンツを見てきたいと思います。 シャツのレビューはこちら http...

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。

aqua5150


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA