gear review

HK416にMidwest IndustriesのM-LOKハンドガードをつけてみた

みんな大好きHK416、いろんなハンドガードが出ていますよね。
純正のクワッドレイル(4面レイル)、ガイズリーSMR、レミントンRAHGなどなど。

どれもカッコいいんですが、M-LOK全盛の昨今、HK416にもM-LOK化の波がきたということで話題になったハンドガードを試してみることにします。

ガイズリーSMRはこちら。

RAHGはこちらです。

Midwest Industries HK416 M-LOKハンドガード

Midwest Industries社(以下、MI)といえば、MP5のパーツが有名でしょうか。
M4のハンドガードも出していますが、あまり見かけませんね。

そんなミッドウェストですが、HK416のハンドガードが有名になったのはミリフォトでDevgruの方の使用例が出たからでしょうか。

黒い416もやっぱりカッコいいですね〜。

ほしいなと思っていましたが、実物はなかなか見かけないのでどうしたもんかと思っていたところに、Angry Gunからレプリカが出るということで、購入しました。

Angry Gun MI HK416 M-LOK ハンドガード(9インチ)

購入したのがこちら。

9インチと13.5インチがありますが、短い9インチを購入しました。

ハンドガードのトップ面がレイルで、左右と下、そして斜め部分もM-LOKになっています。

刻印はM-LOKのマークがデカデカと入り、上にMIの刻印が白文字で入っています。

トップはこんな感じ。
レプ特有のエッジも立っていますが、手が切れそうなほどではないかなと。

正面から見るとこんな感じ。
今までで一番細身の416ハンドガードで握りやすいですね〜。

後ほどガスブロックを入れた写真を掲載しますが、ほぼガスブロックギリギリのサイズ感です。
(※ガスブロックはスリングループを切断する必要があります。)

余談ですが、このスリングループ、使ってる人いるんですかね?(笑)
せっかくのフリーフロートバレルの意味がなくなってしまうような。

スリングループなしのガスブロックを手に入れたいところです。

話がそれました。

バレルナットも付属します。
マットな質感で、猫ちゃんマグネットがつかなかった、そして軽量な感じなのでアルミ製かなと思います。

MI HK416 M-LOK ハンドガード組み込み

今回組むのはVFCのGBB、Gen2化の前に買ったモデルです。
鈴友のRAHGを組んでいたのですが、お色直しです。

解体はあっさりめに行きますが、マガジン外して、ハイダー外して、ハンドガード固定ネジ外して、ガスブロック外して、ガスピストン外して、バレルナットを外すだけです。

ガスブロック外しにはピンポンチが必要なくらいで、後は6角(イモネジ用、2mm)ですね。
RAHGのネジは特殊なプラスネジなので、マイナスドライバーにマスキングテープぐるぐる巻いたものを使っています。

さて、ここからが組み込みです。

まずバレルナットをはめて、引掛けレンチで締めます。

ガイズリーはバレルナットが穴タイプなので、太い引っ掛けレンチだと少し傷が付きます。
細い先端のだといいのですが、力をかけやすいのは太めなので、どちらを取るかという感じです。

バレルナットはスルスルとスムーズにアッパーに入っていきました。

ガスブロックを付ける前にハンドガードも仮組。

うーん、スリムで本当にいいですね。
ガタツキもなく、アッパーとの隙間もなく、高品質ですね。

ということで、バレルナットをしっかり締めます。

ガスピストンを戻します。
小さいスプリングをお忘れなきよう。

ガスブロックを戻します。
ピンは最近買ったロールピンポンチがマジで便利、これは皆さん買ったほうがいいです。
(むしろ今まで持ってなかったんかい!って感じかもですが)

ただのポンチと違い、先端が凸になっているので、ロールピンの穴にさすことにより、ずれることなく、しっかり打ち込めるのです。

プラハンマーでコツコツと。

一気に打たずに、少し打っては前から見て傾いていないか確認しましょう。

ある程度ピンを入れたら、ハンドガードを組んで、再度傾き確認しましょう。
このハンドガードはガスブロックと隙間がほぼないので、傾いていると入りません。

打ち込み完了。

後はハンドガードを入れて(軽くシリコンスプレー塗布)、5mm六角で締めます。

カタカタすることもなく、強固についていると感じました。
フォアグリップつけて握っても問題なさそうです。

ハイダーは最近買ったAirsoft ArtisanのAACタイプ。
レビューはこちら

HK416に合うサプレッサーはどれだ?HK416に最適なサプレッサー「AAC M4-2000」のレビュー記事です。...

ハイダー締めるには19mmのスパナがぴったりでした。

向きを合わせたら、下部のイモネジを締めます。
(写真忘れ、失礼)

ということでこんな感じになりました。

まとめ

完成です!
HK416はハンドガード交換が容易なので、こうやって遊ぶのが楽しいですね。

純正のクワッドレイルも、ガイズリーのSMRも、RAHGも割と太いので、トップ面にスイッチとか置くと、手の小さい自分には押しにくいので、セットアップどうしようと思っていたのですが、このハンドガードはまじでスリムなので、トップに置いてもしっかり押せます。

URG-I(ガイズリーMK16)ほどではないものの、相当細いかなと思います。

ガイズリーからはM-LOKの416用ハンドガードも出ており、レプでも出ているので、いつか握ってみたいものです。

かっこよさではガイズリーSMRの方が上かもしれませんが、実用性では多くのアタッチメントがあるM-LOKの優位性や、斜め位置にライトがかんたんに付けられるという点で、このMIハンドガードも負けていないなと思います。

先のミリフォトで使われているパーツとしては、

  • タンゴダウングリップ
  • マグプル M-LOK MVG(フォアグリップ)
  • マグプル CTRストック
  • AACサプレッサー
  • Nightforce 2.5-10 24mm
  • Aimpoint T-1/T-2(オフセット)
  • Peq

という感じでしょうか。

光学機器を頑張ると30万コース(Peqは除く)ですが、レプハンドガードだけならそこそこ安価なので、少し変わった416を組みたい方にはオススメできるハンドガードでした。

RAHGも捨てがたいので、もう一本416が欲しくなります。
いや、あと2本くらいほしいし、416A5も欲しいですね(笑)

少しでも皆様のセットアップの参考になれば幸いです。

最後に写真を何枚か。

AACサプもつけてみました。

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。
aqua5150


余談ですが、最近はSEAL Teamという海外ドラマにハマっています。

今シーズン3の序盤を見ているところです。

大体1話完結で見やすいのと、装備がかなり豪華でリアルなので、オススメです。
それこそ、ガイズリーSMRをつけた416がメインウェポンで、めちゃめちゃ出てきます。

U-NEXTで見れますので、DevgruとかHK416とかお好きな方でまだ見てない方はステイホームのお共にぜひ!
頑張れば無料期間ですべて見れると思います!(笑)



ANGRY GUN HK416 MIハンドガードを楽天で買うにはこちら。


こちらは上に書いた、ガイズリーのM-LOK版です!

A5もほしい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA