gear review

LBT 6094 G3 マガジンポーチ購入しました

少し前にLBT 6094 G3を購入した記事を書きました。

LBT 6094 G3レビューLBTの実物6094 Gen.3プレートキャリアを購入したので軽くレビューしてみました。...

プレキャリ購入後、マガジンポーチを色々準備していました。

ポーチのセットアップは個人の使いやすさに合わせるのが一番かと思います。

あくまでこれはaquaの意見だと言うことでご覧ください。

少しでも参考になれば幸いです。

LBT 6094 G3プレートキャリア マガジンポーチ

ついこの前サバゲーに行ってきたのでその時のセットアップ解説になります。

具体的には前と後ろのポーチ、無線の配線系です。

順番に見ていきましょう。

LBT 6094 G3 マガジンポーチ-M4編

M4系のマガジンを3本保持できる物を探しており、できたらフラップで閉じるタイプではなく、オープントップタイプ、それもバンジーコードでとめたりしなくて良い物を探しました。

プレキャリにつけるパネルは、同じLBTの「G3 Kangaroo Panel」をチョイス。

M4マガジンを3本入れられます。

lbtinc.comより引用

背面はベルクロ、クリップも最初からついています。

本当はバンジーコードでマガジンを抑えるのですが、全て外しました。

中に入れるのはESSTACのカイデックスです。

こちらはヒートガンで調整をしています。
(でないとポーチに入らない&抜き差しが鬼渋い)

初めてカイデックスの調整をしたのですが、いきなりぐにゃっとなりますね。

想像以上にやわらかくなってびっくりしました。

少しずつ加熱して、都度様子見ながら曲げるのが良いかなと。
当然火傷にも注意です。

これで抜き差しはサッとできるようになりましたし、逆さにしてもマガジンは自重で落下しない程度のテンションはあります。

P-magタイプもアルミマガジンもなんでも入ります。

前はS&Sのプルタブとか使っていたんですが、パッと取り出せるオープントップが良いですね。

HSGIのTACOにするかも悩んだのですが、MCBKカラーがなかなか手に入らなそうでしたので、諦めました。

LBT 6094 G3 マガジンポーチ-MP5編

そして次世代MP5も持っていったので、MP5仕様も組みます。

6094G3は、というか最近のプレキャリは前側のパネルをクリップとベルクロで固定しているだけなので、簡単に交換できます。

M4のパネルを一度外します。

今回は6094G3に付属してきたMolleパネルにIC13というメーカーの9mm SMGマガジンポーチを4つつけました。


Realmentさんで購入しました。
(余談になりますが、Realmentさんは実際に店頭でマガジンが入るとどんな感じかを試させていただける素晴らしいショップなので、行ける方は是非店頭にて試着されるのをお勧めします。)

6本分つけられるのですが、全部つけるとやりすぎかなということで4本分のみ。

空いた左右はダミーフラッシュバンやサイリウムを刺したりするのもよいかなと。

ちなみにIC13のマガジンポーチはカイデックスではなく、伸縮生地で押さえつける感じです。
(BFGのマガジンポーチみたいな感じですが、あそこまでフラットにはならない)

最初は抜きにくいかな、と思いましたが、意外とスッと抜ける感じですね。

フロントパネルはこの様に一瞬で切り替えが可能です。

プレキャリ下にはドロップポーチとその下に止血帯をつけました。
メーカーは失念。

スマホとか入れられますね。

LBT 6094 G3 背面セットアップ

こちらはチャージポーチやフラッシュバンポーチで盛ることも考えましたが、Mini Mapという小さいリュック的なものを取り付けました。

MAPは地図のマップではなく、Modular Assault Packの略で、プレキャリなどで有名なEagle社が出しています。

こちらは、Emersonの実物MCBK生地を使ったモデルになります。

大小2つのコンパートメントからなり、大きい方にはヘッドセットやゴーグルを入れたり、小さい方にはグローブを入れたりしています。

大の方は深い物も入ります。

小はスマホとかも入りそうですね。

ベルクロ面もあるので、サバゲーだとチームカラーのパッチを貼ったりもできます。

サイドはMolleがあるので、イエローのハンドカフを入れています。
(ちゃんと自分でも取り出せますw)

背面に関しては、ゴテゴテすると座りにくいので、何もつけてなくても良いかなと思います。

LBT 6094 G3 無線セットアップ

引き続き無線関連です。

カマバンの左背部に特小トランシーバーをつけて、配線は背中→左ショルダーパッドを通して左胸にPTTを配置、そこにヘッドセットをさす感じにしました。

線が飛び出てると引っ掛けて断線、とかもあるのでできる限り隠したいところですね。

左背部の特小はM4のマガジンポーチに入れています。
先ほど紹介したMP5用マガジンポーチと同じく、IC13というメーカーのマガジンポーチになります。

こちらも多少の伸縮性があるのでしっかりと保持してくれます。

ただ、ここに置くと簡単には取り出せないんですよね。
頻繁に取り出す物でないので良い気もしますが、JPC用のフロントラジオポーチを使うのもいいのかなという気もしています。

ただそうなると配線を前から後ろに持っていくので、また取り回しを考える必要がありますね。

無線に関しては別記事でまとめてありますので、記事下リンクよりご覧ください。

まとめ

全体像としては、こんな感じ。

中はプラスチックのプレートなので重量はそこまでありません。

ハンドガンマガジンはベルトにつけているので、プレキャリにはつけていません。

プレキャリはサバゲーに行くと十人十色で本当に面白いですよね。

参考にさせて頂きながら、必要に応じてアップデートしていこうと思っております。

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。
aqua5150

サバゲー用特小トランシーバー(アルインコ/Icom)を用意サバゲー用特小トランシーバーを用意しました。アルインコとIcomの紹介です。...
Tac-Sky Peltor Comtac レプリカ購入しましたTac-Sky Peltor Comtac2 レプリカを購入しました。同社のComtac3とも比較しています。...
Tac-Sky Peltor Comtac3をヘルメットにマウントTac-Sky Peltor Comtac3をOps Coreヘルメットにマウントしていきます。...

いろいろ使えるツールたちをまとめました。
よかったらご覧ください。

エアソフトで遊ぶのに必要な買ってよかったツールエアソフトガンいじりに最適な便利ツールを紹介しています。...

余談ですが、最近はSEAL Teamという海外ドラマにハマっています。

今シーズン3の序盤を見ているところです。

大体1話完結で見やすいのと、装備がかなり豪華でリアルなので、オススメです。
プレキャリはCrye製品が多いのですが、シーズン途中からこのLBT 6094 G3も登場します!

U-NEXTで見れますので、DevgruとかHK416とかお好きな方でまだ見てない方はステイホームのお共にぜひ!
頑張れば無料期間ですべて見れると思います!(笑)


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA