gear review

M4ストックがいつの間にか増殖してた その2

パート1はこちら

前回に続きM4のストックのお話です。
今回はMagpulのストックを中心に見ていきます。

○Magpul MOEストック


ミリタリー・民生問わず非常に多く使われているストックです。
みなさん1つは持っているのではないでしょうか。

僕はMagpul PTSのMOEストックを使用しています。
PTSはProfessional Training & Simulationの略で、PTSパーツはエアソフトガン用に作られたMagpul社のパーツなので、実物ほど高額ではなく、レプリカよりクオリティが高いといういいとこ取りといえるでしょう。

重量は約210gと軽く、バッテリーなどの収納スペースは特にない、シンプルながら使いやすい造りになっています。

バットプレートはラバーがついておりしっかりとホールドすることができます。
別売りのもう少し分厚いパッドにも簡単に交換可能です。

スリングはウェビングタイプのみ使用可能です。

スライドさせるには、レバーを押し込むだけでOK、握りながら動かすのがレバーの位置的にとても楽です。
レバーロック機構はないですが、クレーンストックなどと違い、レバーがストック下側から触れないデザインなので、プローン状態でも動いてしまうことはありません。

Magpulのストックは非常に使いやすいのですが、取り付けに一癖ありますね。
ストック下側からストッパーを押し下げながら取り付けなければならず、なにかしらのツールがないと取り付けるのは難しいと思います。

こういった小さいフックのようなツールがあると全く苦労せずに付けられるのですが、こんなツールでも1000円くらいするのが残念ですね。


バッテリー交換などで頻繁に取り外しをする電動ガンと、一度つけたら何度も外さない実銃の違いなので、しょうがないといえばしょうがないですね。

こんな感じでストッパーを下げながら取り付けます。

どのようなM4でもHK416でも、このストックは似合うかなと思います。
値段もそんな高くなく、多くのショップで購入可能で、手に入れやすいストックですね。
トレポンパイプや各社の電動ガン(M4タイプ)で装着できなかったものは今までなかったので、余裕をもって径が少し広く作られているのかなと思います。

重量 210g
長さ 175mm
収納スペース なし
ロック機構 なし
スリング ウェビングタイプのみ
取り付け 工具が必要

○Magpul CTRストック

こちらもミリタリー・民生どちらでもものすごいポピュラーなストックですね。
先程のMOEストックと見た目がほとんど同じですが、こちらはスライドレバーにロック機構がついたタイプです。
重量は少しだけ重くなっていますが、236gと軽量な部類に入りますね。
パッド交換が可能なのも、取り付けに工具が必要なのもMOEと同じです。

スライド動作はレバーを押し込むとロックが解除されるタイプです。
実物やPTS製のはすっと動くのですが、レプリカはたまにこの動きが鈍いのがありますね。

僕はサバゲーではそこまで過酷に使用することはないと思うので、MOEストックでも充分と思っており、MOEを使うことがおおいですね。

ロック機構以外に異なっている点としては、QDスリングホールがあることで、このCTRストックはQDスリングを装着可能です。
ウェビングタイプのスリングも取付可能です。

このストックもMOE同様、実物・PTS製・レプリカ問わずにわりかし手に入れやすいと思いますが、個人的にはPTSのがおすすめかなと思います。

重量 236g
長さ 175mm
収納スペース なし
ロック機構 あり
スリング QD・ウェビングタイプ対応
取り付け 工具が必要

Magpul ACS-Lストック

MOEやPTSストックより少し長めの200mmとなっており、バレルの長いライフルに似合うかなと思います。
似た名前でACSストックというのがありますが、そちらは頬当てが斜めになっている幅広タイプで、そこに電池などを入れる事が可能です。

特徴としては、他の各種ストックより長いことと、右側にポケットのような少し大きめの収納スペースが有ることですね。

スライド動作はCTRと同じく、レバーを握ると自動でロックが解除されます。
取り付けにツールが必要なのもCTRなどと同じですね。

スリングはデフォルトではウェビングタイプのみで、別売りのアタッチメントでQDスリングが付けられるようになります。

長さがある分、326gと少し重量もあるので、アタッカー向けの短いライフルには似合わないと思いますね。
全3回に分けて紹介予定のストックですが、その中で一番重く長いストックです。
僕は14.5インチバレルのSR-16 E3カービン風のM4につけて、スナイパーライフル的にセミオート中心で使う様にしています。
CTRやMOEに比べると少し入手は困難かもしれません。

重量 326g
長さ 200mm
収納スペース あり
ロック機構 あり
スリング ウェビングタイプのみ
取り付け 工具が必要

色は全て同じMagpul FDE(フラットダークアース)カラーということで、色味にブレもなく同じ感じです。
マグプルのストックは非常に使いやすく作られているのですが、やはり取り外しが面倒ですね。
ツールをゲームに忘れてしまうと、ものすごいテンション下がりますね。笑

その3に続きます。

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。

aqua5150

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA